保湿クリームランキング【顔用の殿堂】 >  > 米肌 肌潤クリーム

米肌 肌潤クリーム

米肌 肌潤クリーム
価格40g 5,000円 (税抜)/送料無料
保湿成分ライスパワーエキスNO.11
処方無香料、無着色、弱酸性、鉱物油フリー、アレルギーテスト済
お試し1,500円のトライアルセットあり
「米肌 肌潤クリーム」はこんな保湿クリームです。
肌の水分保持力を高めるライスパワーNO.11を配合した保湿クリームです。
使用感の好みや季節に応じて、クリームとジェルクリームの2種類から選べます。
よく比較される「肌極」と比べて、より保湿力が強化されています。

米肌 肌潤クリームの特徴を詳しく解説!

ライスパワーエキスNO.11で肌の水分保持力を高める!

厚生労働省が医薬部外品として、唯一認めている保湿成分が「ライスパワーエキスNO.11」です。セラミドの産生量を増やし、肌本来の水分保持力を高める「水分保持能改善」効果が認められている凄い成分なんですね。


米肌の場合は、化粧水が医薬部外品となっているのに対して、クリームは医薬部外品ではありません。ただ、それで保湿効果が落ちるのかというとそんなことはないのでご安心を。潤いをしっかりキープして弾力感のある肌へと導いてくれます。


対象が「30代以上の乾燥肌向け」ということもあって、かなりこってりしていて肌を覆うような油膜感があるクリームです。そのため、コクのあるリッチな使用感が好き、乾燥がひどい、秋~冬に使う夜用クリームを探している方向けといえるかもしれません。

「肌極」に比べて保湿力が高い!

同じコーセー系から販売されている「肌極」とよく似ていますが、米肌のほうが対象年齢が上で、ライスパワーエキスNO.11以外の保湿成分(大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキスなど)も配合されているように、より保湿力が強化されている違いがあります。

夏の保湿やベタつきが苦手な方は、肌潤ジェルクリームを選ぶべし!

肌潤クリームは、非常に保湿力が高く、肌がずっと乾かないうるおい持続力もあって秋冬には大助かりとなるクリームなんですが、春夏に使うにはちょっと重たいテクスチャーなんですね。当然、ベタつきが苦手は人はNGだと思います。


そんな春夏の保湿や重いクリームが苦手な方におすすめなのが、肌潤ジェルクリーム。こちらはジェルタイプということもあって、みずみずしいテクスチャーで肌なじみも抜群によく、ベタつかずに使えます。


どちらかというと肌潤クリームよりも肌潤ジェルクリームのほうが人気も評価も高いです。夏用として人気のあるクリニークのモイストチャージEXと比較しても、ライスパワーエキスNO.11でしっかり保湿できる分、保湿クリームとしてはこちらのほうが優秀だと思います。

乳液では物足りない方&朝使えるクリームとしてもGood!

公式サイトでも肌潤ジェルクリームは基本的に夏用の保湿クリームということになっていますが、乳液のような使い心地でもうちょっと保湿力があるものが欲しいという場合や朝のメイク前に使えるベタつかない保湿クリームとしての使いみちもあります。

濃厚すぎて毛穴詰まりができる?ドライオイリーの方は注意!

クリームを使って保湿することは潤いを閉じ込めて逃がさない意味でも必要なことなんですが、肌質によってはクリームに含まれる油分が毛穴詰まり(=白ニキビ)の原因になることがあります。


こってりタイプの肌潤クリームには、そういう傾向があるのは確かで、乾燥肌なんだけど、ニキビができやすいという肌質の人が使ったところ、ニキビができてしまったというケースがあるようなので、肌質とよく相談して使う必要があります。


米肌は通販限定ということもあってトライアルセットがあります。肌潤クリームは14日分、肌潤ジェルクリームは6回分が試せるので、事前に自分の肌との相性を確かめておきましょう。

米肌を使うと、毛穴の悩みをすべて解消できるような感じになっていますが....、

保湿して改善できる毛穴の悩みは、キメが乱れていることが原因のものや過剰な皮脂によって押し広げられている毛穴のみです。30代以降は、真皮層の劣化によるたるみが毛穴を目立せる原因になっていることがあるので、保湿すれば毛穴トラブルが解決するわけではないです。

米肌 肌潤クリームについて、ひとこと言わせて!

米肌 肌潤クリームの評価

真っ白な「これぞクリーム!」という色とやや硬めテクスチャーが、いかにも良質なクリームという印象を抱かせる米肌の肌潤クリーム。実際その通りで、保湿クリームとしてはかなり優秀です。


ライスパワーエキスNO.11でセラミドをサポートし、大豆発酵エキスやビフィズス菌発酵エキスがうるおいのヴェールをつくって、乾燥環境から肌を守って保護してくれるわけですから「肌がずっと乾かない!」というのも納得なんですね。


欠点を挙げるとすれば、「保湿のみ」に効果がとどまり、プラスアルファがないこと。夏用や重さやベタつきが苦手な人向けに肌潤ジェルクリームがあるのはうれしいんですが、この量でこの値段ならもう一つ何か効果が欲しいかな?と思うんですが、贅沢すぎますかね?

米肌 肌潤クリームの私的なまとめ

肌潤クリームは、「30代以上、秋冬限定、夜用」というイメージです。
肌潤ジェルクリームは、「春夏用、朝にも使える」というイメージです。
あくまで保湿オンリーの効果。プラスアルファの効果はないです。

ライスパワーNO.11を試したい!
セラミドを増やしてバリア機能を強化してくれます。
30代以上の乾燥肌に!
乾燥による毛穴トラブルに期待できる内容です。
目元・口元が乾く方に!
肌潤クリームを目元・口元に使うという方法もあります。
夏用の保湿や睡眠パックにも!
肌潤ジェルクリームはさっぱり保湿の最高峰です。


保湿クリーム選びのヒント

ライスパワーエキスNO.11の保湿力で肌を乾燥から守り、保護する保湿クリームです。 こってりした感触が好みの方や乾燥する秋冬用には肌潤クリーム、さっぱり使える夏の保湿や朝のスキンケア用に肌潤ジェルクリームがあり、いずれも高保湿&低刺激で評価が高いです。